回忌法要のご案内

法要は「故人があの世でよい報いを受けられるように」と願いを込めて供養するための儀式です。仏教では、人が亡くなると四十九日間は死者の魂が迷っているとされ、魂を定めるために七日間ごとに七回、あの世で生前の罪状などを裁く審判があるとされています。そのためご遺族は成仏できるように読経し供養するのです。 また、最近では七日間ごとに法要は行わず、主に初七日、三十五日、四十九日の法要を行うのが通例です。 初七日は最初の忌日にあたります。近親者、親戚、友人・知人を招き、僧侶に読経してもらいます。三十五日は最近の風習では、この日をもって忌明けとする傾向が強いようです。また、宗派によってはもともとこの日が忌明けになることもあります。四十九日は大切な区切りの日として、盛大な法要を営みます。なお、一般的には三十三回忌で「弔い上げ」となることが多く、三十七回忌以降は省略されることが多くなっております。 *年忌法要は原則として祥月命日に行います。

平成28年度 年回表

回 忌 ご逝去の年 内 容
一周忌 平成27年 遺族、親族、友人・知人などで供養し、読経・焼香のあと会食をします。
三回忌 平成26年 同上
七回忌 平成22年 遺族、親族で供養し、七回忌以降は、少しずつ規模を小さくするのが一般的です。
十三回忌 平成16年 遺族だけで行うことが一般的。
十七回忌 平成12年 同上
二十三回忌 平成6年 同上
二十七回忌 平成2年 同上
三十三回忌 昭和59年 遺族だけで行うことが一般的。
三十七回忌 昭和55年 遺族だけで行うことが 一般的。区切りの年忌法要です。
ここで終了するのが一般的です
四十三回忌 昭和49年 遺族だけで行うことが一般的。
五十回忌 昭和42年 遺族だけで行うことが一般的。
六十回忌 昭和32年 遺族だけで行うことが一般的。
七十回忌 昭和22年 遺族だけで行うことが一般的。
百回忌 大正6年 遺族だけで行うことが一般的。


葬儀が終わってから一周忌までに行う法要

初七日 7日目もしくは
葬儀当日
遺族、親族、友人・知人などで供養し、読経・焼香のあと会食をします。
二七日忌 14日目 遺族で供養します。読経・焼香は 省略することが一般的です 。
三七日忌 21日目 同上
四七日忌 28日目 同上
五七日忌 35日目 遺族、親族、友人・知人などで忌明けの法要を行います 。
六七日忌 42日目 遺族で供養。読経を省略することが一般的です 。
七七日忌
(四十九日忌)
49日目 遺族、親族、友人・知人などで忌明けの法要・会食を行います 。
百か日忌 100日目 遺族、親族で供養。読経を省略することも多いです 。